おやつを食べるベストな時間帯とは?どんなダイエット効果があるのか

ストレスを抱えないことは大切。でも食べ過ぎてはダメ!

ダイエットをしているときに食事制限をするとストレスを感じてしまい、逆に太りやすくなってしまうというと言われているので我慢は禁物です。だからといって何でもかんでも食べて良いという訳ではありません。

ダイエット中の人に選ばれるおやつランキングTOP3!

no.1

ゼリー

ぷるぷる食感、さっぱりとした美味しさが特徴のゼリーは低脂肪・低カロリーのものが多いと言われています。ダイエット中のおやつとして選ぶならビタミンやコラーゲンなども一緒に摂れるゼリーがオススメです。

no.2

ドライフルーツ

フルーツの栄養が丸ごと摂れるドライフルーツも人気があるようです。ビタミンはもちろん、ミネラルや食物繊維も豊富ですし、なんと言っても食べやすい!専用の袋に入れて鞄に常に入れておくと小腹が空いたときにいつでも食べることが出来ますよ。

no.3

ブラックチョコレート

ほろ苦さが特徴であるブラックチョコレートは糖質制限が期待できます。しかし、通常のチョコレートにはミルクがたくさん含まれているのでカカオ75%以上のものを選びましょう。

おやつを食べるベストな時間帯とは?どんなダイエット効果があるのか

メジャー

リバウンドの心配なし!食べても太らないおやつの時間♪

ダイエット真っ最中におやつを食べるなら、脂肪蓄積率が非常に低いと言われている午後3時がベストだと言われています。午後3時は人間の身体に備わっているビーマルワンと言われている肥満遺伝子の活動が1番低い時間帯だそうです。また、1日の活動パターンで最も活動量が多くエネルギーを必要としているのも午後3時!おやつを摂ることで夕食のドカ食いも抑えることが出来るので、ダイエットを成功させるためにも午後3時になったらおやつを摂るようにしましょう。

ダイエット中のおやつの痩せ効果に迫る

ダイエット中の大敵として運動不足や食べ過ぎが挙げられますが、実はストレスもそのうちのひとつに挙げられるようです。人間は不思議なことにストレスを感じると危機を感じてしまいコルチゾールというホルモンを分泌すると言われています。そのコルチゾールとは、血糖値を上げる働きがあり、少し食べただけでも身体を太りやすくしてしまう恐ろしい肥満ホルモンでもあるのです。なので、ダイエットに挑むときはストレスがかからないように行なうのが重要になってきます。ダイエット中のおやつはストレスを大幅に軽減するあなどれない効果があるので「おやつを食べたぞ!」としっかり満腹感が得られて美味しいものを選ぶと良いでしょう。

おやつ選びは3つのキーワードを考慮して選ぼう

ダイエット中のおやつは、満腹感・糖質制限・食物繊維を考慮して選びましょう。どんなおやつが良いのか特徴も踏まえて紹介していくのでおやつ探しの参考にしてくださいね。

1:良く噛んで満腹感が得られるものを。
しっかり噛み応えがあるものだと満腹中枢を刺激するので「物足りない」と思うことは無いはず。満腹感を得られるおやつとして、みたらし団子や大福などのお餅類や、何度も噛んで食べるグミが挙げられます。

2:肥満の原因「糖質」を断ち切るおやつ
太ってしまう原因である糖質の摂取をできるだけ減らすためにも、糖質制限に優れたおやつを取り入れると良いですよ。イチゴや無糖ヨーグルト、カカオ75%以上のブラックチョコレートがうってつけです。

3:第6の栄養素!食物繊維もオススメ☆
食物繊維には肥満の原因である糖質の吸収を穏やかに、そして体内のお掃除屋さんとしても働いてくれるのでダイエットにとっても役立つそうです。ドライフルーツやミックスナッツ、杏仁豆腐などがあります。

無理なダイエットで引き起こす5つの副作用

  • 貧血症状が現れるようになる
  • 体長不良になる人が多い
  • 肝臓・心臓に負担が掛かる
  • 薄毛の原因にもなる
  • 体臭がきつくなる
広告募集中